FC2ブログ

背水の陣を敷く

積極的な人は、少しのチャンスでも前向きに考える傾向にあります。


例えば、犬も歩けば棒に当たると諺にあるように、棒に当たったことで

何かの機会として、積極的に新たな事が起きるのかと考えるか、


棒に当たったことを不幸なできごとと思うかで、その後のその人の

向かっていく方向が決まってきます。


消極的な人は、人に迷惑をかけてはいけない、とか自信がないとか

言って自分の知らない世界へ、踏み出だすことを拒むものでしょうー。


その種の人は、未来を推測する時に、確定でない要素があるときは

自分が今まで、対処したことがない事だから、処理できないと勝手に

思い込んでしまうのです。


つまり、従来の経験や自分の能力に従って、何とかしてみようとは、

思わないのですねー。


慎重と言えば、適正かもしれませんが、人から見れば杞憂とも言える

考えかたをするものだと思います。


消極的な人は、いづれ人には相手にされなくなって、声もかけられ

なくなるでしょう。


そういう場合は、早期のうちに方向性を変更することが必要となります。

例えば、効果的な手段として、背水の陣を敷くことがあると思います。


自らを追い込んで、逃げ道がないようにすることです~。

もはや、絶対絶命の境遇では、持っている全てを出し尽くすしか他に手

段はありません。


そうすれば、道は開けることになるでしょう。



広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)







スポンサーサイト

左脳型の人と右脳型の人

東洋人と西洋人の違いは、外見的に見たところは、明確に分別

できるのですが、内面からみた場合は、その違いというのは、

どんなところに示されるのでしょうか?


例えば、直感的な東洋人と論理的な西洋人との相違、つまり右脳型

の東洋人と左脳型の西洋人の相違がありますね。


人の脳は、左脳と右脳に対立してできていますがもっと広く考察すると、

男性女性の分類でいえば、左脳型の男性と右脳型の女性に分けられます。


男性女性もお互いに、そのパートを演じながら、人類全体が共存

してうまく生きていくようになっていると思います。


論理を基本として発生したのが、西洋文明であり、直感を基本として

発生したのが、東洋文明であることは述べました。


これは明らかに西洋人と東洋人の脳の働きの違いからきているもの

だといえます。


東洋にも左脳の優れた人は、いますし西洋にも右脳の優れた人はいます。

一般的に西洋人が左脳型であって、東洋人が右脳型であるというのは、

通論です。


東洋人が西洋人にどんなに知性的になりきろうとしても、西洋風の独創

は生まれません。


また、逆に西洋人が東洋人にどんなに知性的になりきろうとしても

東洋風の独創は生まれないでしょう。


東洋人は東洋人の頭脳で考えて、そして西洋人は西洋人の頭脳で考えて

こそ、それぞれの遺伝子が保たれて、固有の文明を作りあげてきた

のだと思います。



広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします! (笑)







芸術、宗教、哲学が目指すもの

科学と宗教の目指す先を共通に表すとすれば、芸術を媒介としてやっと

可能になると思います。

それは、芸術こそが宗教、哲学と科学を結びつける要因になると考えら

れるからです~。


個人であろうが、人類全体であろうが人が最終的に、追求していくだろう

ものは、美だと思います。

宗教も、芸術も、そして科学も美を追求していかなければならないで

しょう。

結局は、美の追求に尽きるものだと思います。


美には、心の美や形の美などがありますが、美しいものにこそ真理がある

のでしょうねー。


人の本性は、やっぱり美しいものを追い続けているのだと言える

かもしれません。

人は、醜いものを見て感動する人はいませんが、美しいものを見て喜ぶ

人は必ずいるものです。


自然は単純であり、単純であることこそが美しい、かのアインシュタイン

の言葉ですが、これは、同感ですね。


そういう意味でいえば、自然科学の追求の姿勢としても、究極である美

なのかもと思いますね~。


ですから、人に与えられた宇宙の意思というのは、究極の美を追求する

ことだといえます。



広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)






周囲に気に入られる人

相手の身になって、そして相手の立場をよく考慮した上で、行動して

いかなければならないでしょう。

そうすれば、お互いがさらに理解をし合える環境ができるものです。


たとえば、会社の中でも、周りの人に対して思いやりの精神を持つよう

にすれば、そのことが、基点となってよい影響が全体に広がっていく

ものです。

よい会社には、そういった雰囲気が充満しているものですー。


人の家に土足で、ずうずうしく入っていくという感じをされても困る

ので、相手の世界に入っていく時には、徐々にしていかないとなら

ないでしょうね。


相手との距離は、その人の反応を見ながら、だんだんと縮めていけば、

よいと思います。

結果として、相手と自分の感情が一緒になった時が、お互いを完全に

理解し合えた時でしょう。


但し、初めて会った時からバッチリと意気投合する場合もあります。


これは、今までの人生経験から、直感的にお互いを判断したということ

でありやりとりが、瞬間的で早かったということに過ぎないということ

です~。


この場合は、判断に過ちをする事が多いので、人一倍相手の気持ちを理解

するという努力をしなけばなりませんね。


自分勝手な考え方が出る傾向が、仲良くなると出てきますが、

親しき中にも礼儀あり、でいつも相手の身になって考える事が大切です。



広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)


fits


感謝の気持ちを込めて

他人に迷惑をかけないで生きるというのは、ある意味正しい

のかもしれません。

でも、もっと深く考えると、別の考えが浮かびます。


それは、人は他の存在している物に対して、迷惑をかけていないという

ことは、ありえないということです。


つまり、迷惑をかけなければ、生きていけない存在であるということに

考えかたを持ちかえれば、よいのだと思います。


人間は、生きていること自体が、周りの人に迷惑をかける存在であり、

周りの人にお世話をして、頂いているということになるわけです。


他人に迷惑をかけないで生きていくと決心することには、

意味があります。


それは、人は、迷惑をかけている存在であるから、自分を支えてくれて

いる存在の物に対して、心から感謝して生きていくと考えた方が、

はるかに前進的で、楽なのだろうと思います。


世話にならないで生きる、という決意をかたくなにするよりも

自分は、無力でたいしたものではないから、他人に世話をかけながら

でしか生きることは、できないと思った方がよいでしょうね~。


周りのすべての物に感謝して、ありがとうの気持ちで生きていく

ほうが、ず~っと楽に生きられますよー。



広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)






プロフィール

hyper

Author:hyper

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR