バッティングセンターの打ち込み

継続は力なり

よく聞きなれた言葉ですが、この言葉を座右の銘としている人は

多いと聞きます。


その一人に、現在メジャーリーグで大活躍する大スター、

鈴木 一朗氏がいます。


ある有名な文章が残っていて、そこから今のイチロー氏の活躍を

見いだせる重要なヒントがあるといえますー。


それは、小学校3年生の時に、本格的に野球を初めてから中学の

卒業迄の7年間に続けたことがあります。


有名なことなので、知られていることだと思いますが、

ほぼ毎日バッティングセンターに通い詰めて、機械を相手に

1000本以上の打ち込みを続けたという事です。


休んだのは、正月の2日間だけて、他の日は毎日バッティングセンターに

通ったということでしたー。


その後、高校生になっても、プロとなってもこの習慣は変わらずに、

続けたわけです。


「完璧になれないと分かってはいますが、それにむかって突き進んで

いく人間でありたい」

イチロー氏の「継続」は、中断することなく進展していきます。


イチロー氏こそ「継続は力なり」の意味と重要性をそのまま実践している

典型例だと思います。


栄誉や名誉を十二分に欲しいままにして、一流選手として

のキャリアのトップに存在しているすごい感のある人であります。


イチロー氏を見習って、継続して、進化していく人でありたいですね。



広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)


ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン


スポンサーサイト

ソウルとブルース

世の中には、たくさんの音楽がありますが、

例えば、ブルースを取り上げてみた場合に、当の黒人自身は

どう思っているのでしょうか?


そんなことを考えていたら、ある人の言葉に回答がありました。

それは、ブルースは、いろんな方面に影響力をもっているとのことです。


例えば、歌を聞いての結果についてですが、黒人がブルースを聞くと

何か自分の心の奥深くに、何か触れられることになるんでしょうねー。


他方、ソウルミュージックは、現在は自分が黒人であることを誇りと

する音楽となっている状況のようであります。


それが原因ともなって、若い黒人の多くは、ブルースに

ほとんど耳をかさないでいるようですよー。


しかし、ソウルが新しい黒人の音楽であることは、

確かであるようですが、若い人達が酒などを飲んだ時の態度を

よく見てみれば分かるといいます。


ブルースは、嫌いだと言いながら、酔ってくると、

ブルースべったりになっているというのであります。


黒人が、切っても切れないでいるそのブルースとは、

いったいなんでしょうか?


また、我々日本人にも訴える共通性、

普遍性を持っているのはなぜでしょうか?


そんな事を思いめぐらせた今日でした~。


広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)


機種別グッズ 各キャリア別商品 各キャリア別で探す


チキンラーメンとカップヌードル

終戦直後、大阪の梅田での焼け野原で、一杯のラーメンを求めて、

大勢の人たちが、長い行列をつくって並んでいました。

この時こそ「食足りて、世は安らか」という言葉を、

実感した人がいました。


また、GHQがパン食を推奨した広告について、

もともと日本には、めん食の伝統があるのに、どうしてめん食を

推薦しないのだろうか。と強く疑問を感じたことです。


この理由を厚生省に尋ねると、「めん業者は零細企業が多く、

供給面で問題があるからだ。立派なことをいうのなら、

自分でやってみせろ。」とつっぱねられたといいますー。


その後、この言葉を忘れずに、反骨精神を持って裏庭に建てた小屋で、

湯を注ぐだけで食べられる容易いラーメンを、作りはじめました~。


そして、1年後の1958年に「チキンラーメン」と名づけられた、

即席ラーメンが、完成しました。その制作者は、安藤百福氏であります。

販売を開始すると、またたく間に、日本全土にその名称が、

知れ渡っていきました。


パイオニアとしての安藤氏のプライドは、1971年に次の商品である

「カップヌードル」を誕生させているのです。


今や、世界商品となったカップヌードルは、

こうした経緯があったのですね~。



広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)



fits


今を生き抜く

時間の流れは、過去から現在、未来と一般的に進んでいる

と思う人がほとんどだと思います。


たとえば、もし過去について、思いめぐらしているとそのことは、

いま考えているのですから、

その過去は今自分の中にあるということですね。


そして、未来について今考えているとすれば、それは未来を

作りだしているということになります。

現在は、未来を意味するということです。


つまり、過去も未来も、一緒に変化しているということですね。


信念や思考の日常の習慣的な行動によって、未来は、

自分の心の中に存在しているといえますー。


ある実業家の言葉ですが、

「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」

私の好きな言葉ですが、本当にその通りだと思います。


この一瞬にしか、全てはないという考えです。

今この現在、この瞬間が、過去になっていたり、

未来になっていたりする訳です。


ですから、未来設計図をいつも心に抱いて、それをたえず

見直すことがよいのでしょう。


その未来設計に修正を加えて、日々すごすことが大事だと思います。

その心の作業が、今日の時間と明日の時間に大いなる恵みと

恩恵をきっともたらしますよ~。



広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)







還暦の新人女流歌手

ある女流歌手が、歌手デビューを果たしました。

58歳で、歌手としてメジャーデビュー、いくら高齢化が進んだとは

いっても還暦の新人歌手というのは、特異な存在でしょうね。


「50代までに、目がでなかったとしても、それ以降に花咲く人もいる

が、私もその仲間だ」と言っているといいます。


人は、誰しも40代を過ぎると、そろそろ定年が見えてきます。

そうすると、無意識に自分の人生のまとめを、

はじめだすのだといいますねー。


「まだ旬というものを、自分として経験していない」

ということを感じたのであれば、

ある女流歌手のようにならって、考えてみるのが良いかもしれません。


自分としては、どうかというと、「いまが旬である」と思うように

こころがけています。

若さと年齢を結びつけて考えるのは年にとらわれて、

いるからだと思います。


若い、若さとは、単に年齢だけを意味するのではないと思います。

現実には、80歳の若者もいれば、20歳の老人も存在しています。


結局のところ、若い生活をしている人は若く、

老いた生活をしている人は

老いているというのが、私の見解です~。



広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)





プロフィール

hyper

Author:hyper

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR