無断宿泊&無断飲食

いつからのことか、はっきり覚えていませんが

家に、ネコが4匹か、5匹ほど

ほとんど、住み着いております。


いわゆる、のらネコの無断宿泊&無断飲食です!!

勝手に食ったり、飲んだり、

もう~、我が家と間違えてるー。


赤茶色の白混じり、グレーのはん点、白黒のツートン、

その他、なんだか知りませんが、

いろんなネコが、

みんなまとまって、仲良くムシャムシャやっています。


ウー、ウーっと、うなりながら

夢中になって食べています。


一瞬見ると、かわいいなと思いますが、


これで、何回めだろうか、

のらネコの無断宿泊&無断飲食~~。


以前からですが、

いつの間にか、いろんなネコたちが、来ていて、

そして、いつの間にか、いなくなりました。


中には、死んだネコも何匹かいました。

それらは、お墓を作って、埋めてあげました。


生まれて、すぐの小さい子ネコから

大人のネコに成長する過程を、何匹もみて来ました。

こんなにネコの育つ、成長過程をみてきたのは、

今までにない経験です。


変わる変わる違ったネコたちが

いたり、いなくなったりを、何度も繰り返してきました。


今もまた、

何回めかのネコたちの宿泊&飲食がされています―。



広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)





スポンサーサイト

MADE IN JAPAN

あるメーカーの前進である東京通信工業が、

初めてトランジスタラジオを完成させました。


そこの社員の盛田昭夫氏は、新製品を持って、ニューヨークへ

売り込みに行きました。


ある日、商談が入りました。


大手の会社であるブローバ社が、10万個の注文をだすが、

ブローバ社の商標を使用することを、条件に申し出てきました。


のどから手が出るほど、欲しい大きな商談ですね。


ところが、他社の下請け会社には、絶対にならないと

決めていた盛田氏は、はっきりと断ったそうですー。


その時の話は有名な内容ですが、


「50年前のあなたの会社のブランドは、今のわが社のように、

知られていなかったと思います。

私は、わが社の新製品と共に、これからの50年後へ、

踏み出そうとしています。

50年後には、現在のあなたの会社には、

負けないような有名な会社にして見せます。」


事実として、50年とは、いわずにまもなくして

そのメーカーは、世界中にその名をとどろかすことになるのですー。


その企業名は、MADE IN JAPANの代名詞である、

SONYであります。

SONYを筆頭に、やがて日本のメーカーは、コストパフォーマンスや

品質において、世界中より高い評価をうけました。


盛田氏は、日本に、MADE IN JAPANというブランドに、

強い自信と誇りをもっていました。


今一度、MADE IN JAPANとは、

何なのか、その意義を考えみる必要性があると思います。



広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)





失敗は成功のもと

本気でかなえたいと、心の底から思うことがあって、

試験に、30年、40年かかってでも、たとえ10回、20回もっと

失敗してでも、その夢を追い求めてゆく人がおりました~。


訴訟が多い昨今では、事故や犯罪が多く、多少の事でも

裁判になることがよくあります。

結局、弁護士が必要になり、その数も必然的に多くなります。


当然のことですが、弁護士になるには、司法試験に合格

しなければなりませんが、近年の試験の難しさは、顕著だと思います。


ある人物は、大学を卒業してから、25年間、

司法試験を受け続けました。

毎年、受験し続けて、47回も失敗しましたー。


そして、とうとう48回目で合格したのです! 

そう、彼は、夢をあきらめなかったのでしたー。


自分の夢をどこまでも、追い求め、いかなる試練があっても

あきらめることはなく、

最後まで、限界まで努力する人は、ゴールで待っている勝利の神

にこう祝福されることでしょう。


「おめでとう。もう、これ以上あなたに努力させることは、辛くて

見ていられないよ…。お祝いとして、その汗や血の分だけの

喜びを上げましょう。」


広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)






バッティングセンターの打ち込み

継続は力なり

よく聞きなれた言葉ですが、この言葉を座右の銘としている人は

多いと聞きます。


その一人に、現在メジャーリーグで大活躍する大スター、

鈴木 一朗氏がいます。


ある有名な文章が残っていて、そこから今のイチロー氏の活躍を

見いだせる重要なヒントがあるといえますー。


それは、小学校3年生の時に、本格的に野球を初めてから中学の

卒業迄の7年間に続けたことがあります。


有名なことなので、知られていることだと思いますが、

ほぼ毎日バッティングセンターに通い詰めて、機械を相手に

1000本以上の打ち込みを続けたという事です。


休んだのは、正月の2日間だけて、他の日は毎日バッティングセンターに

通ったということでしたー。


その後、高校生になっても、プロとなってもこの習慣は変わらずに、

続けたわけです。


「完璧になれないと分かってはいますが、それにむかって突き進んで

いく人間でありたい」

イチロー氏の「継続」は、中断することなく進展していきます。


イチロー氏こそ「継続は力なり」の意味と重要性をそのまま実践している

典型例だと思います。


栄誉や名誉を十二分に欲しいままにして、一流選手として

のキャリアのトップに存在しているすごい感のある人であります。


イチロー氏を見習って、継続して、進化していく人でありたいですね。



広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)


ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン


ソウルとブルース

世の中には、たくさんの音楽がありますが、

例えば、ブルースを取り上げてみた場合に、当の黒人自身は

どう思っているのでしょうか?


そんなことを考えていたら、ある人の言葉に回答がありました。

それは、ブルースは、いろんな方面に影響力をもっているとのことです。


例えば、歌を聞いての結果についてですが、黒人がブルースを聞くと

何か自分の心の奥深くに、何か触れられることになるんでしょうねー。


他方、ソウルミュージックは、現在は自分が黒人であることを誇りと

する音楽となっている状況のようであります。


それが原因ともなって、若い黒人の多くは、ブルースに

ほとんど耳をかさないでいるようですよー。


しかし、ソウルが新しい黒人の音楽であることは、

確かであるようですが、若い人達が酒などを飲んだ時の態度を

よく見てみれば分かるといいます。


ブルースは、嫌いだと言いながら、酔ってくると、

ブルースべったりになっているというのであります。


黒人が、切っても切れないでいるそのブルースとは、

いったいなんでしょうか?


また、我々日本人にも訴える共通性、

普遍性を持っているのはなぜでしょうか?


そんな事を思いめぐらせた今日でした~。


広告を押して申込 ↓
ブログランキング押す ↓

宜しくお願いします (^_^)


機種別グッズ 各キャリア別商品 各キャリア別で探す


プロフィール

hyper

Author:hyper

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR